肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなく、またウトウトしていた。ふと気がつくと父の息遣いが優しくなっていた。看護師さんが2人来て父の体に触っていた。今までより長く触っていた。どうしたのですか?と尋ねると、脈が弱くなってきたと言う。時計を見るとちょうど0時。2月1日になった。従妹が先ほど「意地でも日にちが変わってから」と言った言葉が思い出されて、こんなときになんだが、笑えた。そうか、もう少しなんだと妙に冷静に思った。看護師さんたちは、また来ますと言って出て行った。

10分くらい、ボーッとしていた。そうだ!こんなことをしていられない。妹を呼んだ方がいいのかな?看護師さんに聞こうと思って、ナースステーションへ行ったが、誰もいなかった。廊下に最近友達になった別の部屋の人がいた。どうしたのですか?と聞くので、話すと、今うちが処置してもらっているので、終わったらそちらの部屋へ行くように言うと言ってくれた。お願いして部屋へ戻った。少し経って看護師さんが来た。妹を呼んだ方がいいかと聞くと、その方がいいと言った。さらに、他に呼びたい人があったら呼んでください、もう少しです、と言う。
私「先生は?」
看護師さん「いえ、このまま見守るしかないので。」
私「ということは、このまま亡くなるまで待って、それから先生を呼ぶのですか?」
看護師さん「はい、そうです。」
そうなのか。私は先生がかけつけてきて、いっしょに見守って、亡くなったときにすぐ確認して「ご臨終です」とかなんとか言うのかと思っていた。

叔母も知らせて欲しいと言っていたので、妹にメールした後すぐに叔母に電話した。息詰るような時間だ。私は父に、もうすぐ叔母と妹が来るから、がんばってと言った。もちろん何の反応もなかった。小さな息遣いが聞こえるだけだった。

看護師さんは、少し経ってまた来た。手足の色が変わってきたと言う。見ると暗い色だ。血液が手足の先まで届かなくなっているようだ。触ると少し冷たくなってきた。

叔母と従妹が来た。叔母は来るなり父を見て「ほんとだ。さっきとぜんぜん違う」と言った。少し経って妹が来た。1時10分。「やっぱり、日にちが変わったね。」「2月になったね。」誰ともなく言って、少し笑いが出た。

その後はシーンとなって、4人で父を見守った。次第に息遣いが弱くなっていった。さらに小さく、弱く・・・・・従妹がもう酸素マスクははずしてもいいんじゃないかと言った。彼女の仕事は看護師だからわかるのだ。でも担当の看護師さんを呼んではずしてもらった方がいいんじゃないかとも思った。従妹は私の好きにしていいというので、ナースコールした。看護師さんが来て、酸素マスクをはずした。それから2~3回かすかに息をして、そして止まった。あっと思った。人が亡くなった瞬間だった。1時43分。従妹が「楽だね。肺癌患者は最後本当に苦しむから。こんなに楽な人はいないよ。」彼女は、看護師として多くの肺癌患者の最期を見ている。その言葉に救われた。涙があふれてきた。みんなも泣いた。看護師さんが、先生を呼びますね、と言って出て行った。やがて、医師が来た。「当直の○○です。」一礼して、父のまぶたを開けて目を見て、聴診器を心臓に当てた。「死亡確認しました。1時55分です。」と言った。2008年2月1日1時55分、これが父の死亡した時刻になった。
79才4ケ月の人生だった。とても安らかな最期だった。終わりよければすべてよし。





トップページへ

スポンサーサイト
朝、妹からメールが来た。昨夜、姪と甥が来たときはわかったそうだ。今朝も呼びかけると反応を示すそうだ。少し持ち直したのか?少し安心して、ゆっくり病院へ向かった。叔母も来ていた。残念ながら持ち直したわけではなかった。誰でも死の直前になると一時的に、急に目をキョロキョロさせたり、体を動かしたりするものだそうだ。叔母は、きっと今日の夜中だと言った。トイレへ行こうと部屋を出たら、医師に呼び止められた。おそらく今日中にお別れになると言われた。やはりそうか。家族はいっしょにいて下さいと言われた。

従妹が来た。おじさんは頑固者だから、1月末と言われていると、意地でも日にちが変わってから亡くなるよ、と言った。

妹のだんなの両親が来た。(これが最後の見舞い客となった。)

夕方5時。まだ変化はない。同じ息遣いだ。医師が来て診察。朝の状態では、夕方5時まではもたないと思ったと言った。それでもまだ生きているので、いつなのかはわからない。夜中になったときには、当直の医師になると言われた。

少し経って妹が来た。今日は妹に私の家へ行ってもらって、私が病院に泊まることにした。

夜9時。今のうちに眠っておこうと思って、ソファベッドの背もたれを倒してベッドにして寝転んだ。眠気が襲ってきた。目覚めて時刻を見たら11時半だった。眠りながらも、父のハアッ、ハアッという息遣いがずっと聞こえていた。看護師さんたちが来たのもわかった。熟睡はできなかった。(あたりまえだ。)


トップページへ
いつもは水曜日は午前中病院へ行くのだが、今日は母を近所の内科へ連れて行かなくてはいけなかったので、午後病院へ行った。虫の知らせだったのか、いいタイミングで行った。エレベーターを降りて病室へ向かうと、看護師さんたちが出入りしている部屋があった。父の部屋だ!急いで入っていくと「先ほど、ご自宅へ電話しました。」と言う。様態が変わって、もう呼びかけにもまったく反応しなくなった。昏睡状態だ。「ご家族は側にいてあげてください。」「妹もすぐ呼んだ方がいいですか?」「そうしてください。」いよいよ来るべきときが来たようだ。妹はまだ仕事中だ。メールを打った。

父は酸素吸入をして、ハアハアと口を開けて大きく息をしている。少し息が荒い。父にはもう酸素吸入をしていることさえわからないだろう。仰向けで寝たまま動かない。声をかけてみたが、反応はない。手は暖かい。脈は打っている。弱々しい脈だ。でも、まだ生きている!

お風呂へ入れている途中でおかしくなったそうだ。それでお風呂を中断したそうだ。最後にきれいにしてもらえて、父も気持ちがよかっただろう。ベッドのマットをエアーマットに変えたそうだ。そのほうが楽なのかな?「大切なときをすごすために」という案内をもらって説明を受けた。死の直前にどう患者はどのような状態になって、家族はどう向かい合ったらいいのかというようなことが書いてある。それによると、最後まで聴覚はあるそうだ。今のような昏睡状態でも、声をかけられると反応を示さなくてもわかっているそうだ。できるだけ、周りで自然な会話をするのがいいそうだ。また、手を握ったりしてあげるのもいいそうだ。

呼吸が次第に乱れてきて、そして、一時的に止まり、少したってまた呼吸するようになるそうだ。でも、その一時的に止まったときにそのままになってしまう人もいるそうだ。また、その状態を繰り返しながら、数日間生きる人もいるそうだ。

最初はどうなるかと思ったが、まだしばらくこのままかもしれない。


私は母のことがあるので、一旦家へ帰った。妹が今晩は泊まる。急なことがあったら、電話もらって駆けつける。

●このブログを読んでくださっている、父の知人の皆様へ。●
父はまもなく息を引き取るかもしれません。その場合には、これ以後しばらくブログの更新ができないと思います。皆様へは、オフラインで通夜・葬儀の連絡がいくと思います。葬儀が終わり、少し落ち着いてから、父の最期の様子などの記事は書くことになると思います。通夜・葬儀へいらっしゃらない方々、またお越しいただいてもお話のできなかった方々は、その記事をご覧ください。



トップページへ

昨日の妹の電話から、心配しながら病院へ向かった。眠っていた。穏やかな顔をしていた。苦しくはないようだ。声をかけても起きなかった。

看護師さんから、看護計画を渡された。変更したので再度作成したそうだ。以前は、「排痰困難」と「日常生活活動困難」だったが、今度は「日常生活困難」「見当識障害」「高体温」となっていた。そういえば、以前の病院では「治療計画書」だった。緩和ケア病棟では、積極的な治療はもう行わないので「治療計画書」はないのだ。代わって「看護計画」になるのだ。

看護師さんが尿を取りに来た。尿を取っても起きない。結局私がいた2時間はずっと眠っていた。

昨夜起き上がろうとはしたそうだ。でもそれ以上の力はもうないそうだ。ましてや以前のようにベッドを降りるような元気もうない。でもまだ切羽詰った事態ではなさそうで、安堵した。昨日は、あと1~2日かと思ったが、もう少しもちそうだ。

父があまりよく眠っていたので、デイルームへ行ったら、他の患者の家族らしき人もいた。声をかけたらやはりそうだった。その人の母親が患者で、父と同じ肺癌(種類は腺癌)で、脳に転移しているそうだ。65歳。まだ若い。心残りだろう。その人とその人の父親とで交代で病院に泊まっているそうだ。私も泊まれたら、父の意識錯綜状態はかなり改善されると思う(実際、家にいる9日間は、夜中に目覚めても、だいじょうぶだよと言うとそれだけで安心してまた眠っていった。)が、うちは要介護状態の母がいるため、泊まれない。うちの父が気の毒になった。しかし皆それぞれの事情があるからしかたがない。

叔母が、もうパジャマよりも寝巻きの方がいいというので、以前に叔母からもらった寝巻きを持って行った。叔母も別にもう1枚持ってきてくれていた。看護師さんに聞いたら、寝ているときは寝巻きのほうが下の世話もやりやすいが、車椅子に座らせるときはパジャマの方がいいので、両方あった方がいいと言った。明日家にある寝巻きをもっと持っていこう。



トップページへ
昨日は妹も私も病院へは行かなかった。今日妹と姪が行ったら、父がかなり弱っていたそうだ。動くこともあまりなく、血圧は70しかない。腎臓が機能しなくなりつつあるようで、尿の量が少なくなっているそうだ。また、吐くのは痰ばかりではなく、胃に入れた食べ物(液体の栄養)も吐いてしまうときもあるようだ。胃の力も弱ってきて、消化できないのだろうか?<飲み込むことはできないのに、吐くのはできるのは不思議だが。>ベッドから降りてしまうからということで、ベッドではなく床に畳を敷いて、その上にマットを敷いていたのだが、もうその必要はなくなったので、ベッドに戻したそうだ。もう何日ももたないだろう。




トップページへ

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。