肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手術は成功した。大腿骨頚部骨折の場合、4種類くらいの手術があるようだ。一番単純な手術で済んだ。骨の髄に金属を入れて、両側をビス(?)で止めるものだ。1時間ほどで、無事終わった。手術前には、骨粗しょう症がひどいため、うまく止められるかどうかわからないと言われていた。卵の殻に釘を打ち込むようなものだそうだ。うまくいってよかった。部分麻酔で済んだ点もよかった。弱っている老人に全身麻酔は負担が多い。


トップページへ
スポンサーサイト
私は外出中だった。よたよたとトイレに行こうと歩いていたときに、転んだらしい。ドスンといったそうだ。動かそうとすると痛がって動けない。そのままにして、携帯に電話がかかってきた。ちょうど帰宅しようとしていたときだった。帰宅してから、どうしようかと思ったが、骨の治療で通っている病院へ電話して、状況を話して、すぐに診てもらえるかと尋ねたらいいというので、救急車を呼んで運んでもらった。大腿骨頚部つまり、股関節の骨折だった。高齢者で骨粗しょう症の人がよくやる。手術をしなければならないそうだ。そのまま入院となった。脳梗塞の治療薬として、血液をさらさらにする薬を飲んでいるので、すぐ手術ができない。一週間そのままになった。


トップページへ
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。