肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は父の一周忌だった。早いものだ。もう父が亡くなってから1年たったのだ。母を外出させて出席させた。入所後初めての外出だった。車椅子に座りっぱなしだったので、辛そうだった。会食まではとても無理ということで、家へ帰した。家へ食事を持っていったが、あまり食べなかった。それでも施設では食べることのできない、さしみと焼餅を食べさせたのでよかった。

トップページへ

スポンサーサイト
2009年になった。母は年末年始も家へ帰りたいと言わなかったので、施設で新年を迎えた。そういう人が多いらしい。夜はいつもは9時消灯だが、さすがに大晦日だけは遅くまで起きていて皆で紅白を見ていたそうだ。元旦は食事はおせち料理だったそうだ。お餅は残念ながら出なかったそうだ。お年寄りはよくのどに詰まらせたりするので、施設では出さないようだ。



トップページへ
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。