肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は午後2時過ぎに病院へ。また眠っていた。痰が口から垂れ流しになっていた。口元にティッシュがあててあったので、それでふき取った。口の中にはまだ痰がある。できるだけふき取り、またティッシュをあてておいた。体に触ったら熱い。熱があるようだ。体がピクピク震えている。寒い?と聞いたらうなずいた。悪寒がするのだ。部屋の温度を上げて、上着をふとんの上からかぶせた。一瞬、ナースコールしようと思ったが、おそらく状況を把握しているだろうと思い、やめた。案の定少し経ったら看護師さんが来た。熱が39.4℃あるので、座薬を入れるという。夜中も38℃代の熱が出て、昨日の昼間2時くらいも同様の熱が出たそうだ。毎食後、解熱剤を投与しているのにもかかわらずこれだけの熱。腫瘍熱がだんだん抑えきれなくなってきているようだ。

今度の日曜日に、犬と母を連れて来たいと言ったら、そうですね、会わせたい人がいたら今のうちに、と言われた。犬は前もって何時になるか電話をして、非常口を開けておいてもらう必要がある。母は、なんとか乗用車に乗せて、病院で車椅子を借りればいい。母が来られるかどうかは母の体調次第だ。

座薬を入れてもらってしばらく経ったら、震えは収まり、熱も下がったようだ。看護師さんが来て熱を測った。38.1℃。それでは下がり方が足りないらしい。アイスノンで冷やして様子を見て、もう一度座薬を入れるかもしれないそうだ。

目を覚ました。起き上がろうとするので手伝って起こした。「選挙」と言う。「選挙?選挙行くの?」と言うと、うなずく。「今、選挙ないよ。」と言うと、考えていたが、何も言わずにそのまま横になった。今度は「小豆」と言う。「小豆?小豆食べたいの?」うなずく。食べ物は食べられない、と言うと「みんな」と言う。「みんなが小豆食べているの?」うなずく。また起き上がろうとしたので、起こした。でも食べられないと言うと、「パン」と言う。・・・・・最近は、文章ではなく単語を言うだけのことが多くなっている。

そこへ医師が来た。診察した。「おかげんはいかがですか?」父は何も言わない。「えらいですか?」「はい。」かろうじて答えた。私が「選挙に行くそうです。」と言うと、医師は笑いながら、「先走っていますね。まだ衆議院は解散していませんよ。」と言った。なんか笑えた。小豆とパンのことも話すと「いろいろなことが浮かぶんですね。」と言った。「車椅子に座りますか?」医師が聞くと、父はうなずいた。医師が抱きかかえて車椅子に乗せてくれた。

外が見たいと言うので、戸(病室には窓ではなく戸があって、ほんの小さいベランダが付いている)を開けたら、そちらを見て「外へ行く」と言って車椅子を動かそうとした。外は隣の病棟が見えるだけだし、ソファーベッドがあって行けない。父には何か見えるのだろうか?外へは出られないというと、不満そうだったが、あきらめたようだった。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハマってます
これにハマちゃって…→http://lppulu.net/onaona/o/10yqm/
まいったなぁ…(;><)
彼氏にバレたらヤバいよね…(・ ・;))。
2008/01/19(土) 11:46 | URL | あけみ #7di3CiSc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/100-acf22e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。