肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、私は仕事で病院へ行けなかったが、アミーが父と面会した。甥が、アミーを頭だけ出してバッグに入れて非常口から入ったら、「かわいい!」と看護師さんたちに言われたそうだ。父も喜んだようだ。しばらく父の病室に、アミーと妹と甥2人との計5人(4人+1匹)でいて、看護師さんたちも何人か来たそうだが、アミーは吠えることはなかったそうだ。アミーは、吠えてはいけないということを理解したようだ。とてもおりこうさんだ。看護師さんに抱っこもされたらしい。

父は、妹が行ったときには、尿がもれてパジャマがグショグショだったそうだ。すぐに看護師さんを呼んで着替えさせてもらったそうだ。パンツ型のオムツをして、尿パッドも当てているのだが、それでもあふれてしまったのか。やはり自然排尿が望ましいと思うので、出ていないときだけ導尿するのだが、導尿のタイミングが難しい。私も家で1度失敗した。けっこう出ていたので、いいと思って寝る前に導尿しなかったら、夜中にあふれてしまった。そのときは、パンツ型のオムツではなかったので、体が横向きのときにオムツは汚さずに出てしまっていた。それにしても、E病院もレンタルのパジャマを導入してほしい。尿やら痰やらで汚れたパジャマを洗うのは骨が折れる。

今日は父は熱は微熱程度はあったものの、それほど調子悪くなさそうだったそうだ。

午前中に見舞い客が3人来て、父は車椅子で、4人でデイルームで話をしていたそうだが、果たして話ができたのだろうか?


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/20(日) 13:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/101-82cb92d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。