肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝病院へ。ナースステーションに車椅子でいた。夕べは夜9時頃から朝5時頃までよく寝たそうだ。私の顔を見るなり「水」と言った。相変わらず飲食物を欲しがっている。本当にかわいそうだが、どうしようもない。少し経ったら、医師が来た。診察の後、医師の「何かありますか?」の問いに対して、訴えるように、「水」「こういうふうに」と言って、両手で水をすくって飲むしぐさをした。そればかりは医師でもどうにもできない。何かで気を紛らすことでもできればいいが、今はテレビを見ている体力も気力もない。看護師さんが、胃ろうに入れる食事と薬を持ってきた。十分な量ではない。量が多いと痰が多くなるので、控えてある。したがって満腹感がない。それでも胃に入れてもらうと少しは飲食物に対する欲求が満たされるようだ。ちょっと落ち着いた。でも、少し経つとまたのどの渇きを訴えた。スプレーを口にかけた。それしか渇きを癒す方法はない。何度も欲しがるので、何度もシュッシュッとやったら、やはりむせた。そしてゲバッと多量の痰が出た。いつもこうなる。「水分をとるとこうなるでしょ?これで、もし水を飲んだらもっとひどいことになるよ。下手したら、激しい咳が血痰を誘発するかもしれない。今血痰が多量に出たら、もうおしまいだよ。」と言うと無言になった。父は疲れたように横になって、眠っていった。痰を吐くのも体力を消耗するのだ。別の看護師さんが、血圧や熱を測りに来た。熱は今日は微熱程度だった。血圧は88(最高が)。最近のいつもの血圧だ。あとでお風呂に入れてくれるそうだ。

咳と痰とで苦しみ、飲食物を欲しがる毎日だ。末期がんの患者は、みなそれぞれに苦しんでいる。

トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
エディさんご無沙汰しております
ご両親の介護をしているのは知っていました だいぶん進んでいらっしゃいますね ご存知の通り私は福祉用具貸与の仕事をしています 介護の仕事だと思っています 末期がんの方も大勢お世話させていただきました
ケアマネには末期に方なら
私と言って紹介していただく方もいます

医者ではないので医療は出来ませんが 福祉用具を使い痛みの軽減などしています
中にはご家族に「すごく力強かった 安心して最後を見とれた」と言って下さる方もいました
しかい 自分がその立場になると うろたえてしまいました・・
家族の立場になってはじめて解る事があります
この経験を生かし
義母、家族をささえようと思います エディさん
このブログ最後までお付き合いさせていただきます。
2008/01/24(木) 08:26 | URL | けんちゃん #VTZEej7w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/105-be985dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。