肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院へ行ったら、今日もナースステーションにいた。父の車椅子の周りは新聞紙だらけだった。痰を自分でティッシュで取らずに床に吐くようになったそうだ。痰がさらに多くなって来たこともあるだろうが、自分でティッシュを取って、自分の口へ持っていくという動作をするのが大変になってきたのだろう。顔をゆがめて苦しそうな表情をしていた。私の顔を見ても無言だった。部屋へ行くそぶりを見せたので、部屋へ行った。掛布団などがグチャグチャだった。看護師さん2人が急いで直してくれた。それを待ちきれないように、父はマットに倒れこんだ。パジャマのズボンが汚れていたので替えてくれた。今日はけっこう長い時間おきていたそうで、疲れたようだ。咳と痰のあと、まもなく眠っていった。私は今日は30分くらいしか居れなかったので、眠っている様子を見て病院をあとにした。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/106-e556b7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。