肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父が入院した病院は、高度な治療を行う設備、人材を備えている、愛知県下でも有数の大病院だ。当然医師も一流の人たちだと思う。それでも、専門以外のことはやはり知らないようだ。主治医の呼吸器内科の医師は、CTの画像がよくわからないと言う。あたりまえのことかもしれないが、なんとなく医師はわかっているものと思っていたので驚いた。退院後は3ケ月に一度CTを撮って癌が再び進行していないかチェックしている。以前と変わっていないからいいでしょう、と言う。放射線科の医師がCTの専門家となるようだ。それで、放射線科へも行っている。CTを撮って1ケ月後くらいに行って、CT画像の分析結果を聞く。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/11-13971035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。