肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の妹の電話から、心配しながら病院へ向かった。眠っていた。穏やかな顔をしていた。苦しくはないようだ。声をかけても起きなかった。

看護師さんから、看護計画を渡された。変更したので再度作成したそうだ。以前は、「排痰困難」と「日常生活活動困難」だったが、今度は「日常生活困難」「見当識障害」「高体温」となっていた。そういえば、以前の病院では「治療計画書」だった。緩和ケア病棟では、積極的な治療はもう行わないので「治療計画書」はないのだ。代わって「看護計画」になるのだ。

看護師さんが尿を取りに来た。尿を取っても起きない。結局私がいた2時間はずっと眠っていた。

昨夜起き上がろうとはしたそうだ。でもそれ以上の力はもうないそうだ。ましてや以前のようにベッドを降りるような元気もうない。でもまだ切羽詰った事態ではなさそうで、安堵した。昨日は、あと1~2日かと思ったが、もう少しもちそうだ。

父があまりよく眠っていたので、デイルームへ行ったら、他の患者の家族らしき人もいた。声をかけたらやはりそうだった。その人の母親が患者で、父と同じ肺癌(種類は腺癌)で、脳に転移しているそうだ。65歳。まだ若い。心残りだろう。その人とその人の父親とで交代で病院に泊まっているそうだ。私も泊まれたら、父の意識錯綜状態はかなり改善されると思う(実際、家にいる9日間は、夜中に目覚めても、だいじょうぶだよと言うとそれだけで安心してまた眠っていった。)が、うちは要介護状態の母がいるため、泊まれない。うちの父が気の毒になった。しかし皆それぞれの事情があるからしかたがない。

叔母が、もうパジャマよりも寝巻きの方がいいというので、以前に叔母からもらった寝巻きを持って行った。叔母も別にもう1枚持ってきてくれていた。看護師さんに聞いたら、寝ているときは寝巻きのほうが下の世話もやりやすいが、車椅子に座らせるときはパジャマの方がいいので、両方あった方がいいと言った。明日家にある寝巻きをもっと持っていこう。



トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/30(水) 11:52 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/30(水) 12:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/110-ae1b46df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。