肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもは水曜日は午前中病院へ行くのだが、今日は母を近所の内科へ連れて行かなくてはいけなかったので、午後病院へ行った。虫の知らせだったのか、いいタイミングで行った。エレベーターを降りて病室へ向かうと、看護師さんたちが出入りしている部屋があった。父の部屋だ!急いで入っていくと「先ほど、ご自宅へ電話しました。」と言う。様態が変わって、もう呼びかけにもまったく反応しなくなった。昏睡状態だ。「ご家族は側にいてあげてください。」「妹もすぐ呼んだ方がいいですか?」「そうしてください。」いよいよ来るべきときが来たようだ。妹はまだ仕事中だ。メールを打った。

父は酸素吸入をして、ハアハアと口を開けて大きく息をしている。少し息が荒い。父にはもう酸素吸入をしていることさえわからないだろう。仰向けで寝たまま動かない。声をかけてみたが、反応はない。手は暖かい。脈は打っている。弱々しい脈だ。でも、まだ生きている!

お風呂へ入れている途中でおかしくなったそうだ。それでお風呂を中断したそうだ。最後にきれいにしてもらえて、父も気持ちがよかっただろう。ベッドのマットをエアーマットに変えたそうだ。そのほうが楽なのかな?「大切なときをすごすために」という案内をもらって説明を受けた。死の直前にどう患者はどのような状態になって、家族はどう向かい合ったらいいのかというようなことが書いてある。それによると、最後まで聴覚はあるそうだ。今のような昏睡状態でも、声をかけられると反応を示さなくてもわかっているそうだ。できるだけ、周りで自然な会話をするのがいいそうだ。また、手を握ったりしてあげるのもいいそうだ。

呼吸が次第に乱れてきて、そして、一時的に止まり、少したってまた呼吸するようになるそうだ。でも、その一時的に止まったときにそのままになってしまう人もいるそうだ。また、その状態を繰り返しながら、数日間生きる人もいるそうだ。

最初はどうなるかと思ったが、まだしばらくこのままかもしれない。


私は母のことがあるので、一旦家へ帰った。妹が今晩は泊まる。急なことがあったら、電話もらって駆けつける。

●このブログを読んでくださっている、父の知人の皆様へ。●
父はまもなく息を引き取るかもしれません。その場合には、これ以後しばらくブログの更新ができないと思います。皆様へは、オフラインで通夜・葬儀の連絡がいくと思います。葬儀が終わり、少し落ち着いてから、父の最期の様子などの記事は書くことになると思います。通夜・葬儀へいらっしゃらない方々、またお越しいただいてもお話のできなかった方々は、その記事をご覧ください。



トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昏睡状態ですか・・・
最後まであきらめずに
側にいてあげてください
少しでも長く
2008/01/31(木) 18:26 | URL | けんちゃん #VTZEej7w[ 編集]
時間のある限り、そばにいてあげてください・・・。
2008/02/02(土) 10:50 | URL | アマガエル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/111-a5274c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。