肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、妹からメールが来た。昨夜、姪と甥が来たときはわかったそうだ。今朝も呼びかけると反応を示すそうだ。少し持ち直したのか?少し安心して、ゆっくり病院へ向かった。叔母も来ていた。残念ながら持ち直したわけではなかった。誰でも死の直前になると一時的に、急に目をキョロキョロさせたり、体を動かしたりするものだそうだ。叔母は、きっと今日の夜中だと言った。トイレへ行こうと部屋を出たら、医師に呼び止められた。おそらく今日中にお別れになると言われた。やはりそうか。家族はいっしょにいて下さいと言われた。

従妹が来た。おじさんは頑固者だから、1月末と言われていると、意地でも日にちが変わってから亡くなるよ、と言った。

妹のだんなの両親が来た。(これが最後の見舞い客となった。)

夕方5時。まだ変化はない。同じ息遣いだ。医師が来て診察。朝の状態では、夕方5時まではもたないと思ったと言った。それでもまだ生きているので、いつなのかはわからない。夜中になったときには、当直の医師になると言われた。

少し経って妹が来た。今日は妹に私の家へ行ってもらって、私が病院に泊まることにした。

夜9時。今のうちに眠っておこうと思って、ソファベッドの背もたれを倒してベッドにして寝転んだ。眠気が襲ってきた。目覚めて時刻を見たら11時半だった。眠りながらも、父のハアッ、ハアッという息遣いがずっと聞こえていた。看護師さんたちが来たのもわかった。熟睡はできなかった。(あたりまえだ。)


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/112-3ac22e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。