肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前10時40分ころ、施設から電話がかかってきた。誤嚥があり、吸入をしたが、血液中の酸素濃度が急に下がったため、すぐに病院へ搬送しなければならないということだった。施設と同じ医療法人の経営の病院が満床のため他の提携病院でいいか?と聞かれたのでどこでもいいと答えた。10分くらいたって再度電話がかかってきた。提携病院がどこも満床で、結局、父が長くお世話になった病院になった。母も以前に1度入院したことがあるので、診察券もあるし、よくわかった病院なので私は都合がいい。すぐに私も行った。私が施設へ入るころ、救急車のサイレンが聞こえた。これだと思った。母は酸素吸入をしていた。すぐに救急車に乗せられ私もいっしょに病院へ向かった。意識はある。病院のERへ入った。かなり広いERでブースはたくさんある。「D」というブースだった。少し経って、父が救急車で病院へ舞い戻ったときと同じブースだということに気がついた。父がこの病院がいいと招いたのかもしれない。母は、肺にかなり水が溜まっていた。胸水という。胸水の成分を調べるために採取しなければならない。通常は体の前から肋骨と肋骨の間から注射器で採取するが、母は背中が著しく曲がっているため胸が押しつぶされるようになっていて、前の方の肋骨は隙間がないそうだ。うまくやらないと他の臓器を傷つけてしまう。救急外来の医師は自信がないので、呼吸器科の医師を呼ぶと言う。呼吸器科!まさに父がお世話になった科だ!まさか同じ先生ではないだろうと思ったらやはりさすがに違っていた。CT画像を見る限り、呼吸器(の病気)ではなさそうだが、かといってどの科かかはっきりしないので、呼吸器科で預かるという。やはり父が呼んだようだ。
1.誤嚥性肺炎の疑い。
2.胸膜炎
3.慢性呼吸不全
4.高CO2血症
という4つの病名がとりあえずついた。検査結果によっては病名が変わるようだが、「慢性呼吸不全」と「高CO2血症」は間違いないそうだ。息を吸ってもうまく吐けない状態が続いているらしい。それで二酸化炭素がどんどん血液の中に溜まっていっているそうだ。介助しないと食事もできないほどの、ここのところの調子の悪さの原因はそれだったようだ。入院期間は検査結果が出るまでは未定となった。まずは緊急病棟に入ることになった。

入院すると、介護老人保健施設にはいられない。せっかく少しずつ栄養が取れ始めたのに、施設を退所するはめになってしまった。


トップページへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/125-d64bf934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。