肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕食を食べさせている途中、ふと食べるのが止まった。どうしたの?と聞くと、わき腹が痛いと言う。今までに感じたことのない痛みだと言う。どちら?右?左?と聞くと、右だと言う。よく食事後に左が痛くなることはある。体がほとんど折れ曲がっているので、胃が膨れてくると、圧迫されるようだ。でもいつものとは違うようだ。早いよ、と言う。早いって、ドキドキ痛むの?と聞くとそうだと言う。(ここのところ、あまりきちんと表現できなくなっているので、こちらで察して質問するしかない。)ナースコールした。看護師さんは、食後の薬の中に痛み止めも出ているのでまずそれを飲んでほしいと言うので、飲ませた。30分たっても変わらないので、再度ナースコールしたら、主治医が来てくれた。胸膜炎の痛みで、どうしようもないそうだ。痛み止めを服用するしかないそうだ。


トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/128-3a67e960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。