肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師からの連絡はなかった。ということは、水は抜かずに、抗生物質の点滴を継続して安静にしていることになったのだ。このままずっとそうなる。もう治る見込みはほとんどない。まれに水が自然に抜けることもあるそうだが。そうならなければ、いつか悪化して死にいたることになる。いつか近いうちにそういう日が来るだろうとは思っていたが、いざとなると、言い知れず悲しい。

同じ病室の人は、母の他は100才、89才、89才の女性3人だ。100才の人はいつも娘さんが来ている。彼女にうちの母は79才だと言ったら、「若いね!私と変らない。」と言った。そうか、100才の人の子供なら70代だろう。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/129-27ef7325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。