肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水を抜けないまま抗生物質の治療が続いた。幸いなことに、しばらくしたら食欲が少し出るようになり、多少元気になってきた。ゼリー状の嚥下食を、半分から多いときは8割くらい食べるようになった。よかった。そのため栄養点滴はなくなった。また、鼻からの酸素もなくなった。

抗生物質の投与も終わるという。抗生物質は、長期にわたって投与すると効かなくなってしまうそうだ。一旦炎症としては治まったのでやめるそうだ。水は抜けていないので心配だがしかたがない。

こうなると、いわゆる「安定した状態」となり、退院してほしいと言われた。地域の救急指定病院ではしかたがない。

以前した施設へ連絡をとったが、もちろんすぐに戻れない。また、母の状態は以前より悪いため、以前と同じフロアには戻れないそうだ。世話がかかる状態の人は受け入れ人数も少ない。キャンセル待ちが長くなる。


トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/130-88ed7cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。