肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
施設が空くまでの間、どこかの病院を紹介してくれるように、主治医に頼んだ。大きな病院はソーシャルワーカーがいて、そういうことをやってくれる。ソーシャルワーカーは医師の指示で動くそうで、主治医にまずお願いするべきだそうだ。在宅介護時お世話になったケアマネージャーに相談したら、そうするのが一番いいと教えてくれた。さらに、もし病院が動いてくれなかったら、ショートステイなら常時空いている施設があるので、そういうこところを転々としながら、施設の空きを待つこともできると教えてくれた。ケアマネージャーはありがたい。本当なら、在宅介護状態ではすでになくなっているので、ケアマネージャーを頼るのはおかしいのだが、親切に情報を提供してくれる。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/131-0f790a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。