肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方、携帯へ主治医から電話がかかってきた。何事だろうと驚いた。
胸膜炎の炎症が再び起こってきたそうだ。抗生物質を再び投与すれば治まるだろうが、根本的に治療できない以上同じことを繰り返してしまう。そこで、現在少し元気なので、水を抜くのをやってみると言う。もちろんかまわない、お任せすると言った。リスクを負うのは仕方がない。このままにしておいても、同じだ。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/26(日) 13:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/133-ff17d171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。