肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背中から針を刺し、水を抜けるだけ抜いた。100cc以上抜いたそうだ。無事に他の臓器を傷つけることもなく抜けた。よかった。医師の腕がいいようだ(緊急外来の医師は、この状態の体から他の臓器を傷つけずに水を抜くのは難しい、と言っていた)。しかし水というよりは膿だった。ドロドロの濃い緑色の、見るだけで気持ちの悪いものだった。こんなものがたくさん肺に入っているなんて・・・・・抜けきったわけではない。また増えてくるだろう。でも当面はよかった。

トップページへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/02(土) 16:09 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/134-5673e0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。