肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日25日に予定通り転院した。その日は特に母の様子は問題なかったと思った。ところがなんと転院先でのその日の血液検査で、また炎症がひどくなっていることがわかった。今日夕方行ったら、点滴をしていたのでただごとではないと思ったら、「家族の方へ。医師から説明したいことがあるので、ナースステーションへ来てください。」と書かれた紙が収納棚 の扉に貼ってあった。すぐに行くと、そう説明された。白血球が19,000(通常値4,000~9,000)、CRPが17.3!!(通常値は0.3以下)。CRPというのは、炎症や組織破壊が起きると血清中に増加するタンパク質のことだ。骨折したときに1.7、膀胱炎がひどいときに6.3だった。ちなみに肺がんだった父が最後の治療中に15.1だった。17.3とはとんでもない数字だ。医師からは、前の病院の医師とも相談しながら以前よりもっと強い抗生物質を投与すると言われた。前の病院へ戻っても、治療は同じだそうだ。これ以上水(膿)を抜くことができないので、抗生物質を投与しながら安静にしているしかない。「もうだめかもしれない。覚悟はしておいてください。」と言われた。もう3月13日に緊急入院してから覚悟はできているので、驚かなかった。しかし、水(膿)を少し抜いてから少し調子がよかっただけに(だから転院になった)、結局ダメかとちょっとショックだ。いずれまた悪化するとはわかっていたが、転院してその日に悪化とは予想していなかった。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/138-f82a35a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。