肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から、目を開けるのも大儀なようで、食事中も目をつぶっていた。今朝の朝食中もそうだった。なんとか口を開けて少し食べていた。お茶を少し口に入れたら、飲み込む動作をしないまま口を閉じて、すーっと意識がなくなっていくような感じになった。呼びかけてもうつろだった。あれっ?と思って、ナースコールした。看護師さんが来てくれて、大声で名前を呼んだら一応返事をしたが、様子がおかしい、先生に連絡すると言った。血圧、血液中の酸素量、脈拍などはそれほど悪くなかったが、炎症反応を繰り返している最近の状態や、体全体のかなり衰弱している状態などから、あまりよくないと判断したようだ。先生は昼頃来ると言った。少し経って、もう一度看護師さんが呼びかけたら、今度はまったく反応がない。もう一度主治医に連絡してくれて、すぐ来てくれることになった。

主治医は、もう今日危ないかもしれないと言った。心臓の薬などを投与して出来る限りのことはするが、心肺停止状態になったときに、心臓マッサージなどの処置をするかと尋ねられた。私は、本人が苦しい思いをすることはしなくていいと言った。じゃ薬の治療だけで、自然に、ということになった。この点は以前から妹とも相談して決めていた。妹と叔父にすぐ電話した。妹は子供たちも2人連れてきた。叔父夫婦も来た。どうなっていくのだろうと見守った。部屋は個室に替わった。酸素マスクをつけられ、ミリ単位で長時間かけて薬を投与する機械(ポンプというらしい)もついた。重症患者の様子だ。

3時間ほど経過しただろうか。看護師さんが呼びかけたら、返事した!よかった!回復してきた。ほっとした。徐々によくなり、午後見舞い客が来てくれたときには、誰かもわかり、話も少し出来た。夜には、ヨーグルト、ゼリーなどを少し口にすることもできた。朝のことを覚えているかと尋ねたら、覚えていないと言った。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/140-1c3e7f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。