肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の金曜日(記事を書いた)の後、食欲は少しあったり、なかったりしていたが、今週の木曜日からは、ほとんど食べ物を食べられなくなった。ミキサー食をほんのひと口ふた口食べるだけだ。あとはヨーグルトを少しと栄養補給のゼリーをいくらか。点滴で栄養を摂っているからいいいが、できるだけ食べてほしい。食べられるうちはいいと思えるが、食べられなくなった今は、もう心配だ。また、よく眠っているようになった。目を覚ましているときは、妄想のようなことばかりを話す。

見舞い客が来てくれたときは、わかって話をしたそうだが、後から、誰が来たか、どんな話をしたかなどを聞くと、他のひとや他の事とごちゃまぜになっていて、わけのわからないことを言うだけだった。「Iさんが来た」と言った。でもIさんは、その前日に来ている。来るはずがない。「Nさん?」と聞くと「そうそうNさんだった」という。「それともKさん?」「そうそうKさん」と言う。「帽子でわかった」と言う。「帽子かぶってたの?」と聞くと、「そう、それで、病院に掃除に来ているから、それでわかった。」と言う。認知症も出ているから仕方がない。

炎症反応は、抗生物質が効いて収まってきた。しかし、だからといって、よくなるわけではない。あとは寿命だ。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/143-a60ca090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。