肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23日(火)と24日(水)の夕方までは、さしたる変化はなかった。呼びかければ応じたし、手を握ってと言うと握った。脈拍数、血圧、血液中の酸素値なども変化はなかった。尿は1日わずか100ccしかなかった。

しかし、24日の夕方19時頃、最高血圧が80を切った。結局今日(25日)になってもあがらない。それどころか徐々に落ちていっている。最高血圧70台、最低血圧40台だ。また、今日は朝8時頃病院へ行ったが、呼びかけに応じない。手を握ってと言っても握り返さない。尿はほとんど出ていない。苦しそうだ。目を少し開けて、口を開けて、ハアハアと言っている。昨日までベッドの手すりをつかんでいたのに(これは母のくせだ。家にいるときもそうだった。手すりをつかんでいないと落ちていってしまうような感じがするらしい)、今日は両手ともだらんとしたままだ。口が渇いて上あごに痰がこびりついている。酸素マスクから水分が出ているのだが、それでも口は渇くそうだ。ガーゼを水に湿らせてこびりついた痰を少し取った。昨日までは水にしめらせたガーゼを口に持っていくと吸ったが今日はそれもしない。何をする気力も体力もないようだ。

午後1時、最高血圧は68にまでなった。聴診器で音を聞いても右肺は音がしないそうだ。もう機能が停止していて、左肺だけでがんばって呼吸しているそうだ。もう厳しいね。医師は言った。でも寿命はわからないから、とも言った。今まで2回も蘇生したから今度もそうなって欲しいと祈るばかりだ。

トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/145-41794529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。