肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さきほどの記事は、午後叔父夫婦が来たので母を頼んで、私は一旦家へ帰ったときに書いたものだ。家で用事を済ませ、食事も済ませ、夕方6時過ぎに再び病院へ行った。今夜亡くなると思ったが、夜中になるだろうと思って、上着など用意して行った。母の様子はさきほどと変わらない。血圧は少し上がっているようだ。それならば、また持ち直してくれるかもしれないという期待が起きた。しかし、右肺がすでに機能停止している状況を考えるとそれは無理かとも思った。叔父夫婦には一旦帰宅してもらっていて、妹と甥2人がいた。3人に食事に行ってもらった。その間に血圧がまた下がり始めた。でも、まだしばらくいいような気がしていた。3人が戻って、少し経ってからだった。脈拍が落ちてきたのでもう危ない、最後に会わせたい人はもういないかと看護師さんが言いに来た。叔父に電話した。すでに弱くなっている呼吸がさらに弱くなった。どんどん脈拍が落ちていく。19時40分過ぎくらい、脈拍は50を切った。そしてちょっと大きく息を吐いたあと、もう息をしなくなった。その時点ではまだ脈はあった。先に呼吸が止まってしまった。もちろん脈拍は、40、30、と落ちていき、とうとう0になった。医師が呼ばれた。19時57分死亡が確認された。ちょっとあっけなかった。私と妹、甥(母からいうと孫)2人の4人が最後を見守った。叔父はちょっと間に合わなかった。こんなに早いなら、帰ってもらわなかったが、しかたがない。

79才と5ケ月の一生だった。63才若さで多発性脳梗塞が発症してからは、長い間体調の悪い日々が続き、辛い晩年だったと思う。どうかやすらかに・・・・・。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/10(金) 15:50 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/07(金) 23:18 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/21(水) 00:56 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/10(火) 08:11 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/17(木) 17:29 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/19(土) 20:12 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/24(木) 07:42 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/11(月) 15:29 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/18(月) 17:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/146-e04ab621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/21(水) 12:17:44 |
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。