肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yahooの不動産用語集には、バリアフリーとは、「バリア(障壁)をなくすこと。建築用語では、建物内の段差を無くす、出入口や廊下の幅員を広げるなど、障害者や高齢者などが生活するのに支障のない構造や仕様にすることを意味する。」とある。そう、一般的には「段差をなくすこと」だ。 しかし、足に特に障害があるわけではない高齢者の場合には、段差を無くすと、足の筋肉を使わなくなり、かえって体力を弱めてしまう。多少段差があれば、なんとかして足をあげようとする。それが自然にリハビリになる。以前にNHKテレビで、高齢者の健康を考えて、あえて適度な段差をつける住宅が考えられている、というのをやっていたが、私も同感だ。なかなか歩く訓練だけをやろうとしてもやれない。トイレへ行くとき、キッチンへ行くときに自然に訓練できれば一番いい。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/16-83fd379b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。