肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母が要介護3から2へと良くなったのは、看護士さんのおかげだ。要介護3と2との違いは、主に排泄が自分でできるかどうかだ。要介護3はできずにオムツになる。要介護2は、なんとか自分で、起き上がってトイレへ行って座って排泄ができる状態だ。母は、オムツのとき、尿の量が異常に少なかった。変だな?とは思っていた。ある時、いつものように往診に来てくれた近所の内科医が、母のお腹に「しこり」があって気になると言う。何か悪いものだといけないから、病院で検査を受けた方がいいと言う。ただ母のその時の状態は、とても起こして車に乗せて連れて行ける状態ではなかった。それで紹介してもらう病院から救急車に来てもらうことになった。緊急ではないので、ピポーピポー鳴らすのは恥ずかしいからやめて欲しいと言ったが、規則上病人を配送する時は、鳴らさないといけないそうだ。それで、ピポーピポーと鳴らして病院へ行った。我が家は住宅密集地にある。それで当然のことながら、家を出るときは、近所の人たちが出て来た。何事だ?誰がどうしたんだ?と興味津々な顔顔があった。恥ずかしかった。しかも、病院で診てもらった結果は、笑い話だった。「しこり」はなんと膀胱が膨らみすぎていたのだった。尿がうまく出なかっただけだった。管を尿道に差して尿を出したら、すっきりなくなくなった。それまでは、膀胱が満タンになってどうにもならなくなると、少しずつもれ出ていたのだった。それで尿が少なかったのだ。近所の内科医といつもいっしょに来る看護士さんの内、あるベテラン看護士さんが、母は頭がしっかりしているから、こういう人は寝た体制では尿が出ないと言う。それで無理やり起こして便器に座らそうと言った。医師は、まああんたがそう言うのなら、という様子だ。それで、無理やり起こして、看護士さんの背に背負ってトイレへ連れて行った。便器に座らすと、尿が出始めた!チョロチョロ、チョロチョロ、ずいぶん長い間出ていた。それがきっかけだった。すぐにヘルパー派遣会社にポータブルの便器を頼んた。便器は借りるのではなく買い取りになるそうだ。(まあ、汚いものだから、あと他の人が使うわけにもいかないから。)ベッドの横に便器をおき、なんとか起こして、排泄がやれるようになった。そのうちに少しずつ、自力で起き上がれるようになり、やがて、手すりをつたって、歩けるようにもなった。おかげさまで、ひと月半ほどのオムツの状態はこうして終わった。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/19-aad95ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。