肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母は、感覚が鈍くなってきている。例えば、トイレへ行きたいと思って行きかけると、間に合わずに途中でもらすことがある。特に便が柔らかい時はダメだ。まるで、オムツがとれるかどうかという時期の子供のようだ。また、汚したことに気が付かない。先日もトイレへ行ったら、トイレの床が便であちこちよごれていた。どうやら便がひとかけら床に落ちて、それをスリッパで踏んでそのまま歩いたようだ。本人はまったく覚えていない。こびりついた便を取るのはたいへんだ。また充満している臭いがたまらない。30分ほどトイレで格闘したら疲れた。でもしかたがない。ボケて便を投げつけるよりは、かなりましだ。今のところ、ボケはそれほどきていないと思う。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/24-223fba49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
子育て、育児、保育の悩み解決では、子育て、育児、保育の不安や悩みを解決する情報をお伝えしています。
2006/12/13(水) 11:17:04 | 子育て、育児、保育の悩み解決
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。