肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、2月16日に、医者で母の介護認定の問診があった。半年に一回行われている。寒い日だったが、車椅子で連れて行った。現在、要介護2で、変化はなしだろうとのことだった。歩行や日常の動作のことはもちろん、認知症が出ていないかどうか調べる質問もあった。看護師さんが、本人に、今日は何月何日か、今朝何を食べたかなどを聞いた。それから、こそっと私に、幻想・幻覚・妄想や、不潔行為はないかと聞いた。少し前、幻覚と思われることが何回かあったが、現在はない。そのことを言おうかどうしようかと一瞬迷ったが、異常はないと答えてしまった。そのとき、自分の母が異常だと思われたくないという気持ちが働いた。また、異常という言葉に、母がかわいそうという同情の思いが湧いた。

トップページへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/01(木) 16:41 | | #[ 編集]
ご両親を大切に
 天理の前田です。今日、初めてブログを見ました。、お父様の病状が大変お悪い様子でご心配のことと思います。先日電話して以来、気になっていて一度お見舞いにと思いながら、雑用に追われて延び延びになっています。私は、昨年末の民生児童委員改選により、地区民生児童委員協議会の会長、天理市の副会長、奈良県の役員、それに関連する諸役のほか、長寿会の世話役、さらに私的な会などもあり次々予定が入って都合がつかなかったのですが、26日か27日には名古屋へ行けると思っています。ご両親の看護をしながらの勤務でお疲れと思いますが、十分ご自愛ください。
2008/01/20(日) 22:48 | URL | 前田史夫(父上・茂様の従弟) #-[ 編集]
ご両親様を大切に
 26日にお見舞いしたときは、心地よさそうに眠られていましたのでそのまま帰りましたが、その後さらに厳しい状況のようで、覚悟のこととはいえ大変ご心配と思います。私も2年余り前、松山市に住んでいた長女が45歳で癌と分かり、急に亡くなりましたが、近親者の思いは同じことであろうとよく理解できます。最後は少々の延命策よりも苦しまれないようにしてあげてください。
 振りかえりますと、父上・茂様には
私が子どものころ、私の故郷・綾部に来られた時、天橋立へ連れて行っていただいたり、川へ魚釣りに行ったりなどの思い出や、名古屋や東京(故水谷光男兄さん-私の姉の夫であり茂さんの兄-が勤めていた関係)で何回かお会いしたことなどが思い出されます。私の20数人の従兄弟の中では、最も親しくしていただたと記憶しています。若しもの事があればご連絡ください。
2008/01/29(火) 09:24 | URL | 前田史夫(父上・茂様の従弟) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/32-cdd59a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。