肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母が調子悪い。失禁が増えてきた。毎日のように変動する気候のせいかもしれない。寒いと辛そうだ。自分でトイレへ行く適切な時期がわからなくなってきているようだ。また、失禁したかどうかもわからないときもある。出たの?と聞くと、出たような気がするというので、見るとしていないこともあるし、その逆のこともある。夜はオムツにして、昼間は尿漏れようの下穿きにしている。食事も、自分が今どれくらいの量を食べることができそうなのかがわからなくなってきている。これだけ食べれる?と聞いて、食べれると答えるが食べられないことがよくある。かと思うと、予想以上に食べることもある。
夜下着を洗いながら、なんだか情けない気持ちになった。人間、トイレすら、自分でちゃんとできなくなってしまうのだと思うと。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
だいぶ前の記事にごめんね
わかっていても家族の心労は
計り知れませんよね
えっとね
赤ちゃんに戻ったねと思えば
今度は私がお母さんにしてもらったようにオムツ替えてあげるんだ
と思うと少しは気が楽になりますよ
σ( ̄。 ̄) オイラ施設でオムツ交換のときはそんな風に思ってやってます
2007/06/08(金) 22:59 | URL | まいごきつね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/34-04115ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。