肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリウムと胃カメラ検査をした。胃カメラ検査の時には組織を採取して、検査をした。その組織検査の結果が出た。やはり食道への転移だった。組織が肺にある癌と同じだそうだ。なんとなくそんな気がしていた。体が癌に犯されていて、しかも癌細胞が活発に増殖しているときに、他のものができるとは考えにくい。何かできたら、やはり癌だろう。また、がんとは別に、食道が一部狭くなっているところがあるそうだ。そのために、物を飲み込むのがたいへんなようだ。食道に新たにできた癌ならば消化器科で治療するが、肺からのものだとはっきりしたら、もともとの病巣だけを治療するのだそうだ。それで、消化器科へはもう行かずに、以前のように呼吸器科だけ行くことになった。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/39-a8269a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。