肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父は10月2日に胃ろうをつけた。局部麻酔と聞いていたが、全身麻酔だったようで、知らない間に終わっていたそうだ。もう傷も癒えて、食べ物も入れている。数日間は点滴もやっていたが、もう点滴はなくなり、胃ろうのみから栄養を取っている。胃ろうをつけたとたんに、あれだけどんな薬でも止まらなかったしゃっくりが不思議に止まった。心臓のエコーの結果は異常なしだった。心拍数が早いのと不整脈は少しあるが、心配ないようだ。ずっととっていた心電図ももうとらなくてよくなった。消化器官を動かすようになったら、目に見えて元気になってきた。一時は声が枯れて、しかもどもっていたが、それもなくなった。トイレへ行くたびに歩き回るようにもなった。これで体力を取り戻して、抗がん剤治療ができるようになりそうだ。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/42-7b74437b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。