肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の月曜日からはさらに動作がおかしい。何をやるにも介助なしではできない。そのため、私は会社にも行けない。そばに付いている時間は長時間に渡っている。要介護2の母よりひどくなった。それでも、なんとか自分で懸命に立ち上がろうとか、着替えようとか、トイレへ行こうとかしている。胃ろうに食事を入れる作業は、もうまったく自分ではできない。チューブを差し込むのさえうまくやれなくなった。ここ10日間ほどのこの悪化の速度はなんだ?こんなに急速に体力が衰えるものなのか?相当な疲労感があるらしく、テレビを見る気力も無くなったようだ。
しゃっくりは相変わらず出たり止まったりだが、ここ3日ほどは、妙に咳と痰が激しくなっていた。睡眠薬を服用しても、しゃっくりで起きるよりも、激しい咳で起きることのほうが多くなっていた。相当苦しそうだった。それでも、何分か何十分かでは一旦止まっていた。昨日は血痰が2回出た。木曜日に外来なので、そのときに先生に言えばいいかと思っていた。そして今日午後2時くらいから咳と痰が止まらなくなった。4時には、痰が血痰に変わった。そしたらそれ以後は血痰ばかりになった。これはまずいと思い、病院へ電話して主治医につないでもらった。主治医は薬を渡すだけでもいいと言ったが、夜中に何か起こると怖いので、入院させて治療して欲しいとこちらから言った。では、ということで、動かせる状態ではないので、救急車となった。連れて行ってよかった。救急車の中でも血痰を吐き続け、電話したときには37.7度だった熱が、病院へ行ったときには40度にもなっていた。すぐに止血と解熱の点滴が始まった。本人の意識も電話したころにははっきりしていたのに、病院では、朦朧としているようだった。癌が急に悪化したようで、もう末期に近いと言われた。とりあえず救急病棟に入った。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ~
 こんにちわ~、ヒゲちゃびんです。

 介護って大変なことが文章に表れていますね。

 この記事を読んでいて人の命の尊さを考えさせられますね。

 また、遊びに来ますね♪
2007/11/25(日) 11:12 | URL | ヒゲちゃびん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/48-a619287d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。