肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月24日に2回目の抗がん剤の投与だった。白血球の減少は一旦下がってすぐに戻ったため、今週も土曜日1泊で外泊許可が出た。しゃっくりは、病院にある薬を使ってもどうしても収まらないため、病院の薬剤師から柿の蔕を薦められ、漢方薬の専門店で買い、今服用している。効き目が出るのに10日ほどかかると言われた。3日間分服用したあたりから、効き目が現れてきた。それまでは、眠ることもできないので、睡眠薬を点滴してもらい、それでも2時間ほどでしゃっくりで目覚めていたそうだ。今は眠れるようになった。このまま収まってくれるといいのだが。病院の方でも、新たなしゃっくり対策として、直接のしゃっくりの薬ではないが、体のけいれんを抑える薬をくれた。それも服用している。どちらが効いたのかはわからないが、30日にはしゃっくりは止まった。
ところが今度は熱だ。38度台が続いて、抗生物質の投与で一旦は下がるが、少し経つとまた出てくる。しゃっくりもしつこかったが、熱もしつこい!!
また、抗がん剤特有の倦怠感がかなり出てきて、辛そうだ。幸いにも骨への癌の転移はなかった。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/49-60ea0e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。