肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肺癌は自覚症状がほとんどない。(昨日、痛むと書いたが、あれは放射線治療の結果、放射線の通り道の健康な肺が放射線にやられたためだ。癌そのものは痛まない。)そのため、発見が遅れることが多い。痰や咳がよく出ても、風邪だと普通思ってしまうからだ。あまりにも咳が止まらなくなって、ようやく医者へ行く場合が多いようだ。ただ、扁平上皮癌の初期の頃に血痰が少し出ることが多く、それが重要なサインだ。その時期であれば、外科的な手術(癌の位置によっては内視鏡手術も可能)で完全に除去することができる。父も発覚する2年ほど前に血痰が出たことがあったそうだ。でもまさかそんなこととは思わず、放置した。あのとき医者へ行っていれば、と言っていたがあとの祭りだ。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
遊びに来ました。
エディさんの姿がだんだんと
見えてきたような気がします。

自分にあったブログなら
ずーっと続けていけそうですね。

これからも応援していきます。
ではまた!!
2006/10/25(水) 16:31 | URL | らむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/5-c6cacfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。