肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝病院へ行った。病院から夜電話がなかったので、何事もなかったと思うが、昨日入院してからもかなり血痰が出ていたし、40度の高熱があったので心配だった。熱が平熱に戻っていた。そして本人の意識がはっきりしていたので安心した。顔色も悪くなかった。血痰は血の色が薄くはなっていたがまだ出ていた。私の顔を見るなり「いったい、どうなっちゃっただ?」と言った。昨日のことを話しても、まったく覚えていなかった。救急車に乗ったことも覚えていなかった。あれだけ血痰を吐き続けたら、相当な苦痛だったはずだ。あまりにも苦痛が大きいと意識が薄れて感覚が麻痺するが、それだったのだろう。それと高熱のせいもあっただろう。「またしばらく病院だね。」と言うと「いやだな。」と言った。「しばらく」と言ってはみたが、家へ戻れるのかどうか危ういと思った。もう治る見込みはなく、逆に進行し続けている肺癌だ。体にはたくさんのコードがつながれ、オムツをされ、ベッドから降りてはいけないと言われている。病状も苦痛だが、この身体的状態も苦痛だ。いつのまにかしゃっくりは止まっていた。長時間に渡り激しく喉から痰を吐いていたからだろう。逆に言えば、激しく吐いていないとしゃっくりは出てくる。どちらかしかない現状だ。どちらも苦痛だ。午後には血痰もなくなった。痰は相変わらずよく吐くが血の色はなくなった。とりあえず、ほっと胸をなでおろした。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/51-47c69528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。