肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝私が病院へ行き、午後は妹と甥2人が行き、見舞い客が2人あった。昼間は問題なく過ぎた。ところが夜になって、病院から電話がかかってきた。何事かと思ったら、父が錯綜状態で、ベッドから降りようとしている、と言うのだ。それで少し動くと検知するセンサーを付けさせてもらう、もしあまり頻繁にこういうことが起こったら、ナースステーション内の病室に移動するという電話だった。病状には変化はないそうだ。むしろそんなことができるくらいだから元気だ。回復してきたので、体を動かしたくなったのだろう。あるいは苦し紛れに体を動かしたのかもしれない。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/52-384adab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。