肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝5時半、電話が鳴り響いた。病院!!と急いで出る。なんと父本人からだった!携帯でかけてきた。「殺されそうだ。助けてくれ。A先生にそっちから言って、なんとかしてくれ。・・・・ひとりだけだし。・・・・」夕べの病院からの電話を思い出した。苦しいのと淋しいのと両方だろう。「こちらへ言っても何もできないから、ナースコールして看護師さんに言って。」「看護師には言っとるけど、何もしてくれん。」そこで、看護師さんが来たようだ。物音がした。電話からの声が変った。「だいじょうぶです。痰が多くて苦しいのと、呼吸が苦しいので。」私は「わかりました。お願いします。それから、1人だけなので、淋しいんです。早く大部屋にしてください。」と言っておいた。個室は父には合わない。看護師さんが「ご家族の方、今日何時にみえますか?」と聞くので、「できるだけ早く行くように言っておきます。」それで電話を切った。私は仕事で今日は病院へは行けなかった。妹に電話して、状況を伝えた。妹も用事ですぐにはいけないので、とりあえず、高校生の甥が1人先に病院へ行ってくれることになった。だれかそばにいれば安心するだろうと思った。ところが、甥ではだめだったようだ。なんどもベッドから降りようとして、そのたびに看護師さんに取り押さえられるということを繰り返したらしい。自分で点滴やら、コードやらをはずしてしまったようだ。妹が家にいるときに、看護師さんから電話があったそうだ。部屋はナースステーションの中に変える。とにかくすぐに来てください。ということで妹が行ったようだ。妹が行ってからは少し落ち着いたようだ。夜は私が泊まろうと思ったら、妹が泊まってくれると言ったので任せた。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/26(月) 12:29 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/26(月) 22:51 | | #[ 編集]
こんにちわ~
 こんにちわ~、ヒゲちゃびんです。

 大変忙しい中ブログ訪問&コメントありがとうございました。

 嬉しかったですよ。

 早くお父様が元気に回復することを祈っています。

 また、遊びに来ますね♪
2007/11/27(火) 11:19 | URL | ヒゲちゃびん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/53-4945db74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。