肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土日は病院へ行けなかったので、今日は少し長くいようと思い、午後2~5時病院にいた。その間、父は起きていたが、ボーっとしていた。時々あらぬことを言った。「パッキンはきたか?」「日興證券の用紙はちゃんと書かないかんぞ。」「これは(ベッドのことらしい)日赤へ貸したのか?」 などと突然言い出した。認知症が出てきたようだ。ゴソゴソ動き出して、点滴を引き抜こうとした。これで最後の点滴(先ほど看護師さんに言われた)だから、がまんして、と、やめさせた。担当の医師が来てくれて、点滴をはずしてくれた。ベッドから降りようとし出した。看護師さんを呼んで降ろしてもらった。歩きたがったがフラフラで歩けない。車椅子を持ってきてくれた。廊下を散歩した。「庭園だよ。わかる?」「前に外から行ったところだろ?」正常な会話もできた。
医師と話した。もうこれ以上の治療はできないと言われた。認知症のような症状が現れているのは、病院にいて自由にならないストレスから来ていると思う、日常生活に戻すのが一番いいと思う、今週末に退院する、と言われた。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/55-bc428d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。