肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セカンドオピニオンの返事が来た。希望通り12月4日午後でOKだった。

区役所の介護保険課から電話があった。介護申請が進んでいる。退院が延びるかもしれなくなったので、ということで保留にした。ケアマネージャーへも電話して、同様なことを言った。

病院から、呼吸器センターへ移るという連絡が入った。退院が延びるなと思った。午後病院へ。医師と今後のことを話した。最終的には緩和ケア病棟へ入れた方がいいと言われた。私もそう思っていた。癌の終末を在宅でみるなんてできない。ただ、緩和ケア病棟はどこも満室で1~2ヶ月の待ちになる。すぐに申し込んで、部屋が空くまでの間、在宅診療・在宅看護・在宅介護などでしばらくしのぐことになった。(在宅診療については、医師が知り合いの医師を紹介してくれるそうだ。)そのためには、すぐに介護申請をして、認定をもらうことが必要だ。在宅介護の準備が整うまでしばらく父を預かってくれることになった。もう半年ももたないのではないかと言われた。

医師に、セカンドオピニオンを聞くので、紹介状とレントゲンフィルムを用意してほしいとお願いした。誰がと聞かれたので、名古屋医療センターの坂(さか)先生と言ったら、有名な先生ですね、と言われた。

今日は3時間くらい病院にいるようにしたのに、父はずっと寝ていた。最近は眠ることが多くなったようだ。

帰宅後ケアマネージャーへ電話し、今日の医師との話を伝え、話を進めてもらうことにした。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/58-5af55286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。