肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前中に区役所へ、やはり介護申請をすると、電話した。介護度を判定する面接が一旦は12月11日となったが、すぐに電話がかかり、たまたま今日他の人の面接で父の入院している病院へ行くので、ついでにできると言ってきた。それで、突然今日2時からとなった。面接してから認定されるまでにひと月かかるので、少しでも早い方がいい。面接では、父は今の状態をありのままに表現してくれた。人の言っていることがわかるときもあれば、わからないときもある、そんな状態をわかってもらえた。「お名前は?」「生年月日は?」という質問にはなんとか答えることができた。「今私が挨拶する前は、何をしていましたか?」という質問には、なんと「キンツバ食べとった」?!10月から胃ろうになって物を食べることもできないのに。面接中も痰が出ても自分でティッシュに手を伸ばすこともなく垂れ流しで、ほとんどうつむいていた。人の助けを借りなければ起き上がることもできないことも、実際にわかってもらえた。幻覚が見られることや、夜中に苦しさのあまり起き上がって服に着替え始めたことなどを話した。おそらく、要介護4が出るのではないかと思う。要介護認定されるのなら重い方がいい。より多くのサービスを受けることができるし、使える予算も多い。
面接の後、車椅子にすわったままでしばらくいるかと思ってそのままにしておいた。「ひも用意しといた。」と突然言ったので、「あっ、そう。用意しておいてくれたの?」と応じてみたら、とうなづいた。幻覚?単なる夢?やはりおかしい・・・・・。すぐにコックリコックリとやりかけた。「もう眠いの?」と聞くと、うなづくので、ナースコールで看護師さんを呼び寝かせた。すぐに眠っていった。

おとなしく寝ているので、私は病院の外へ出て、すべての緩和ケア病棟のある病院へ電話で問い合わせをした。1件だけ、以前に1月9日に外来の予約をしてあった。それから1~2ケ月の待ちになるが、そのときは、そんなに早くなくてもいいと思ったものだが、今となっては、それでは遅い。もっと早く外来予約できるところはないかと探した。名古屋市内は、予約を入れてあるところ以外は、1月20日過ぎしか予約がとれないところばかりだ。日進市の愛知国際病院と、弥冨市の海南病院は、12月半ばでとれる。父の実の妹であるおばが弥冨市に近い。それで弥富市にすることにした。本当は、津の藤田保健衛生大学の七栗サナトリウムが一番いい。設備もスタッフも、緩和ケアに対する考え方も、すべてにおいて理想的だ。しかも、少しだけ待てば、とりあえず一般病棟へ入れて、その後必要に応じて緩和ケア病棟へ入れてくれるという。緩和ケア病棟も患者さんの様態によっては一時的に帰宅してもらうこともあるので、空き状況は流動的だそうだ。普通はそんなふうに緩和ケアを考えていない。緩和ケア病棟は、もう治療をあきらめて死を迎える人だけが入院して、しかも一旦入ったら死ぬまで出ないと考えている。なんとも惜しいが、津では遠すぎる。週1回も行けないかもしれないので、断念した。月曜日に海南病院へ予約を入れよう。

ケアマネージャーから、介護ベッドや痰の吸引機や、入浴サービスの件などの連絡が来た。少しずつ父の在宅介護及び緩和ケア病棟への入院へ向けて進んでいる。言い換えれば、死へと向かって進んでいる。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/02(日) 00:09 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/59-310218c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。