肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はめずらしく午前中に病院へ行った。今日は調子が悪くて、すぐに横になりたがったそうだ。相変わらず苦しそうで、痰も多い。甘いものが食べたいと言ったそうだ。食べることはできないので、オラルケアのジェル使ったら、おいしいと言ったそうだ。ジェルには甘味がついている。そのジェルはICUブラシについていたサンプルだったので、さっそく売店で買ってきた。私が売店へ行っている間に尿意を催したようだが、尿瓶をあてても出なかったので、チューブでとってもらった。寝た状態では出ない。立った状態じゃないと出ない。家にいるときはまだかろうじて立てる状態だったのでよかったが、今はもう立つことなんてできないからしかたがない。その後、体を拭いてパジャマを着替えさせてくれた。痰で汚れたシーツも取り替えてくれた。病院はありがたい。また、今は実習生がついてくれていて、普段よりもよく世話をしてくれているので助かる。車椅子に座ると言ったので座らせてもらった。「アミー」と言った。アミーに会いたいのだ。残念ながら病院では犬は連れて来れない。「黒幕がアミーを利用しようとした。」「だから黒幕をやっつけた。」そんなことを言った。携帯の待ちうけ画面のアミーを見せたら、「アミーだ」と言った。わかるのだ。12時過ぎたので、「あばあさんのお昼をやらなきゃいけないからもう帰るね。」と言ったら、うなづいた。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/63-71f6632b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。