肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父が昨夜のうちにベッドから落ちて、朝8時頃ベッドの横の床の上で発見されたそうだ。特に問題はなかったようだ。動くとナースコールが鳴るセンサーをつけてあるが、スイッチがオフになっていたそうだ。そういえば、昨日の夕方私がいるときに、車椅子へ移動するときオフにしていた。そのままだったのだ。よくあることだ。私もやってしまう。

夜8時半頃、父がまた電話してきた。「絵でトラぶってどうにもならん。」と言う。「今オレは○○(聞き取れない)におる。」近くで看護師さんらしい声が、「病院ですよ。」と言う。よかった。看護師さんがいてくれる。笑えた。
父「なんとかしなかんけど、どうしよう?」
私「わかった。こっちでなんとかするからいいよ。」
父「ほうか?」
私「うん、だいじょうぶ。」
(看護師さん「もう、寝ましょうね。」)
私「だいじょうぶだから、もう寝ていいよ。」
父「わかった。」
そこで電話が切れた。それで落ち着いて寝てくれたかな?
幻想?最近はこういうことが多い。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/13(木) 13:38 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/65-711482e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。