肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方6時頃に病院へ行ったら、携帯電話をにぎって寝ていた。私を見てうれしそうだった。後から知ったのだが、5時頃家へ電話をかけたそうだ。私が何時に来るかを聞いたそうだ。そんなに待ち遠しかったのか。その割には、私の顔を見て、すぐに寝てしまったが。昨夜、動くとナースコールが鳴るセンサーを自分でオフして、ベッドから降りて床に座っていたそうだ。2日連続で夜中にベッドから降りたことになる。夜中に目覚めると寂しいのだろうか。そういえば、家でもそうだった。目覚めるとまず母を起し、母が私を呼んだ。「まだ、夜中だよ。もう一度ねよう。」というと、うなづいた。もし落ちて頭でも打つとたいへんなので、手を縛らせてもらっていいかと聞かれた。もちろんどうぞと言った。手袋のようなものをかぶせるようだ。隣のベッドの人がそうだった。
最近血圧が低い。ずっと高血圧だったのがうそのようだ。これも弱ってきたせいか?血管にももう力がないのか。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/66-8b9468e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。