肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事の帰り、6時くらいに病院へ行ったら、病室にいなかった。ナースステーションだと思ったらやはりそうだった。起きているときは危ないので、車椅子に乗せて、ナースステーションに連れていってくれる。他にも父と同じようにボーっとした人たちin車椅子が、ナースステーションにはいる。ちょうど今から廊下を一周しようと思っていたと言って、渡された。病室へ戻った。今日はおかしいことは言わなかった。疲れているようで、よく目をつむっていた。何か言う元気もないようだった。口が渇くようで水をほしがるので、スプレーで潤した。頻繁に欲しがった。
今日から、パジャマは病院のレンタルだ。痰でいつもよごれているで洗濯がたいへんだし、なかなか乾かないときもある。年中同じ生地なので、見た目寒そう。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/14(金) 22:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/68-3da2f78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。