肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主治医の紹介状とCT画像データを持って、E病院の緩和ケア外来へ行った。緩和ケア病棟への予約をして、順番待ちとなった。予想通り、何人待っているかは教えてもらえなかった。それを知ったところでいかに意味がないかを聞かされた。当然いつ空くのかはわからないし、4~5番目でも10数番目でも変わりないそうだ。「空きました」という電話をすると、今は調子を持ち直したのでキャンセルする、という人もいるし、以前の病院へ今入院中で今は動かせないという人もいる。当然、もう亡くなっている人もいる(これはおっしゃらなかったが)。2週間くらいで、連絡できるかもしれないし、ひと月以上経ってからかもしれないと言われた。今年中はまず無理だろうと言われた。そこで推察すると、最低4~5人はいる、20人はいない、といったところか。病棟見学のときに2部屋空いていた。空きが出ると、翌々日に入院して欲しいという連絡をするそうなので、昨日もしくは今日空いたのだろう。さらに、今日もう1部屋空いたようだ。(急に患者さんで手が離せなくなってということで、予約時間から約1時間遅れた。病棟の家族控え室が使用中になっていた。という2点からの推察。危なくなって、持ち直したのかもしれないが。)余命1~2ケ月の人ばかりだから、入れ替わりは激しいと思う。

緩和ケア病棟は、リニューアルされて明るくてこぎれいだった。調理器具がそろっていて自分でも調理ができるデイルーム、家族控え室、家族用のトイレや浴室がある、病室はすべて個室、などを除いては、普通の病棟と変わらない。病室内はソファーベッドは2つある点を除いては、普通の個室と同じだ。でも、なんだか洗練されていない。緩和ケア病棟ばかりではない。他のところも全体にそうだ。ここで父は最期を迎えるのか、と思うとちょっと侘しい気がした。今父が入院している病院の設備があまりにもすばらしいので、どこへいっても貧弱に思える。まあ、しかたがない。緩和ケア病棟は、24時間いつでも出入りは自由だ。面会時間はない。もっとも夜中に行ってもほとんどの病人は寝ているだろうが。

緩和ケアの医師も、看護師さんたちも、暖かい、いい人たちのようだった。人は今の病院と同じかな?だといいけど。

妹と話して、12月27日に父を家へ引き取ろうということになった。年末年始は妹もけっこう時間を割いてくれそうだ。明日、主治医とケアマネージャーに話そう。


トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/71-38c84ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。