肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はびっくりすることがあった。家だと冬は3日に1回しか風呂に入らない父が、自分から今日もシャワーやって欲しいと言ったのだ!すごく気持ちがいいらしい。家族がいるときは、できるだけ家族と話していた方がいいから、私が帰ってから、と実習生の人が言ってくれたのに、早くやって欲しいと言い出した。それで私もいっしょにシャワー室へ行った。シャワー用の車椅子があってそれに座ったままやれるのだ。シャワー室は広い。寝たままの人もやれる広さがとってあるそうだ。暖房設備もある。私が中で立っていても私にお湯がかからないほどの広さだ。今日は看護学校の先生も実習生の様子を見に来ていていっしょに手伝ってくれていた。足をお湯に入れて、足浴しながら体を洗ってもらっていた。そりゃ、気持ちがいいだろう。終わってからも、父は、こんな気持ちいいことは初めてだと何度も言っていた。

主治医に、27日退院を言った。もちろん了承してくれた。訪問診療の医師を紹介してもらうことになった。婦長さんが、退院ではなく外泊にもできるから、そのほうがいいんじゃないかと言ってくれた。外泊していてそのまま家でもよさそうなら、そのまま退院もできるそうだ。そうすることにした。ならば安心だ。いつでも病院へ戻れる。

家へ引き取るのに問題がある。父は今尿が出ないので、朝10時と夜10時1日2回導尿をしているそうだ。それを私がやらなければならない。もしやれなければ、訪問看護をお願いして、看護師さんにやってもらわないといけない。今日実習生がやるのを見ていた。明後日、私がやってみることになった。

帰宅後、ケアマネージャーへ電話した。ところが、「外泊」だと介護保険が使えないかもしれないそうだ。調べてくれることになった。


トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/72-f75725cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ケアマネージャー に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
2007/12/19(水) 02:43:48 | 旬なキーワードでお得なブログのリンク集
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。