肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹と甥が来てくれて、父の部屋の棚の位置を変えて、テレビ・ビデオデッキをセットした。朝カーテンを洗った。カーテンのセットや掃除などを妹に頼み、昼ごろ私は病院へ。導尿をやった。今日はまったくわけのわからないことをよくしゃべった。

今朝父が昔いっしょの会社だった人から電話があった。父の具合はどうかと心配してくれていた。父の夢を見たそうで、それで不安になったそうだ。状態を話したら、すぐに会いに行かないと会えなくなると思ったようで、すぐに病院へ行ってくれた。父は、その人が来たことはわかったようだった。夜その人から電話があり、あまりにもやつれているので驚いたと言った。これで父の会社関係の人たちには、その人から父の状態が伝わるだろう。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/77-f52fdca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。