肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんの治療方法は、一般的に次のようなものがある。
(1)外科療法(手術)
(2)放射線療法
(3)化学療法(抗がん剤)
(4)免疫療法
肺がんの場合は、ステージⅠ~ⅡB期とⅢA期の一部の場合には手術が行われる。手術後にさらに抗がん剤投与を行う場合が多い。がんを切り取ってしまっているのに、抗がん剤を投与するのは変な気がするが、再発を防ぐ効果があるそうだ。ⅢA期で手術ができないとき及びⅢB、Ⅳ期は、放射線療法と抗がん剤投与とになる。両方を平行した方が効果が高いが、抗がん剤は副作用が大きいため、75歳以上の高齢者は放射線療法だけ行う場合もある。免疫療法はあまり行われていない。まだ科学的に証明できないことが多いそうだ。免疫療法とは、手術や抗がん剤や放射線療法のように癌細胞を直接攻撃するのではなく、生体が本来備えている癌と闘う力、つまり免疫力を高め、癌細胞を排除する療法のことだ。健康食品などもこれに当てはまると言えると思う。しかし健康食品は、いろいろな人がいろいろなものを勧めてくるので要注意。がんになったことが広まるとすぐに、親切心から?金儲けから?よくわからないが、健康食品をどこからか勧められる羽目になるようだ。がんとの闘いの一面は、健康食品の攻撃との闘いか?とも思うことすらある。本当にきくのなら服用したいというのが誰しも本心だろう。そこにつけこんでくる人たちが必ずいる。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/8-8e1b6818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。