肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父は夕べはあまり寝なかった。1時間おきくらいに目を覚まして、しかも起き上がった。そしてそのたびに「ここはどこだ?」と言った。普段、体を起すことは、父にとってはたいへんなことだ。それなのにこういうときは、ムクッと起き上がることができる。不思議だ。「家だからだいじょうぶだよ。まだ夜中だから寝ようね。」となだめて寝せた。昼間も長時間は寝なかった。夜と同じで、少し寝て起きると、自分がどこにいるのかわからなくなっていた。

夜中にかなり痰が多かったので、やはり痰の吸入器を借りようと、朝訪問看護ステーションへ電話した。今日看護師さんに来てもらうことになっているので、そのときに持って来てくれることになった。

父は、痰の吸入器がすっかり気に入ったようだった。口の外まで痰を出さなくてもいいので、楽なのだろう。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/85-79891788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。