肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院日は、4日または7日の予定で、どちらか決まったら前日に電話が来るはずだった。4日なら、今日電話があるはずだ。父も気にしていた。午前中に電話がなかった。午後電話してみた。明日の午後の入院となった。介護タクシーの時間変更をした(入院は午前中だろうと思って、朝10時半に予約してあった)。ケアマネージャーへも電話して、父の分の訪問介護は、明日で終わりということを言った。そう、明日で終わり。もう父が生きて家に帰ってくることはない。アミーにももう会えない。アミーにそのことを話し、できるだけ父のそばにいるようにと言い聞かせた。アミーは理解したようで、父の枕元にはべっていた。

今日も父は私がちょっと目を離した隙に、自分で動いていた。あるとき、ポータブルトイレに座っていた。認知症の人にとってはポータブルトイレは難しい。ポータブルトイレは、「上のふたを上げる→便座を上げる→中のふたを開ける→便座をおろす→座る」というふうな順序で使用するが、認知症の人にこんな複雑なことはわからない。認知症の人はどのようにするか?「上のふたを上げる→座る」となる。これで排泄したらどうなるか・・・・・皆さん、まわりに認知症でポータブルトイレを使っている人がいたら、くれぐれもご注意を・・・・・ポータブルトイレを作っている人たちには、上のふたを上げたら、いっしょに中のふたも開くようなシステムを開発して欲しい。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なし
あけおめ~!みてみて→http://gabriel.s299.xrea.com/
2008/01/06(日) 02:34 | URL | ななこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/86-0402259c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。