肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜中も痰がひどかった。日を追ってひどくなってきたような気がする。血痰にはなっていないが、それは止血剤をずっと服用しているせいだろう。また、胸から変な音がするようになった。ヒューヒューとゴーゴーとの中間のような妙な音だ。癌が肺の中で広がってきたのかもしれない。まだ呼吸困難ではないが、いつそうなるかはわからない。今日入院でよかった。この状態で7日まででは不安だ。

午前中、ヘルパーさんに最後の体の清拭をやってもらった。アミーがずっとそばにいた。痰をしょっちゅう取らなければならないので私もいっしょにいた。アミーはこれでもう父に会えないとヘルパーさんに話したら、ヘルパーさんが泣いてくれた。ずっと母の入浴介助に来てくれている人だ。今は母のついでに父もやってもらっている。父の元気な姿も知っている。

介護タクシーが来た。私たちがいない間留守番を頼んであった叔母が椅子を持ってきて、母を近くまで連れてきてくれた。母もこれで父の生きている姿を見るのは最後になるかもしれないので、見送った。

病院では看護師さんたちと、挨拶を交わした。ちょっとだけなつかしい。退院したのはわずか9日前だ。E病院へ行くまで、またお世話になる。認知症が出てからはずいぶんご迷惑をかけているので、申し訳ない。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/87-5d931ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。